半自動・全自動運転を可能にする、トラクター用の自動操舵システムです。スマート農業を導入したいお客様へオススメいたします!(ホクレンRTKシステムにも対応しております)

商品番号:18446
型番:FJD
販売価格:800,000円(税込:880,000円) ※ 当方が取付を実施する場合は、別途取付工賃がかかります。

導入の流れ

FJD製品専用お問い合わせ窓口より当方へご連絡 → お見積り → ご注文(取付予定機種の情報、車体の外観および車内ハンドル周りの写真を数枚お送りいただきます) → 納期・取付日時・取付場所等のご相談 → 納品・取付 → アフターサービス

注意事項

・原則、納品は取付時となっております。
・取付工賃は金額に含まれておりません。当方にて取付を実施する際の取付工賃は100,000円(税込:110,000円)となります。
・原則、出張取付は北海道内のみの対応とさせていただきます。取付の際の出張費はかかりません。なお、道外のお客様でもご自身で取付いただける場合は、販売のみという形にて対応させていただきます。
・取付作業には半日から1日程度のお時間を頂戴いたします。

商品説明

① コントローラー(タッチパネル):
機材の設定、作業経路設定や作業履歴の記録・表示のディスプレイと計算処理の端末です。

② 電動ステアリングハンドル:
制御ユニットの情報から、自動ハンドル操作を行います。手動操作への切り替えも可能です。

③ 慣性計測装置(IMU):
農機は坂道での作業中でも精度を保てるために、高レベルの慣性情報を提供します。衛星電波が弱い時、補償データを提供して作業を継続的に行うことができます。

④ RTK-GNSSアンテナ:
衛星からの電波及び基地局やネットワークからの補正情報を受信する装置です。

➄ RTK基地局: ※別売
GNSSユニットの誤差を補正し、センチメートル単位の精度を実現します。ネットワークRTK対応/SIMスロット搭載/Wi-Fi対応。

⑥ Wi-Fiカメラ: ※別売
コントローラーにトラクターの周辺の映像を表示させ、確認できます。作業の安全性を向上させます。

多機種農機自動操舵対応

トラクターや田植え機はもちろん、管理機、コンバインなど、国内外様々なメーカーの新旧機種を自動操舵可能にするソリューションです。ISOBUS搭載機種によっては、完全自動運転・リモート操作なども可能です。

センチ単位の作業精度

RTK-GNSS方式と自社開発の高トルク高精度ステアリングモーターを採用することで、業界最高水準の±2.5cmの操作精度を実現しています。かぶせ幅が不要になるため作業効率が大幅に向上し、初心者でもムラなく作業でき操作疲労の低減にも繋がります。

簡単操作、簡単管理

10.1インチタッチパネル式高輝度ディスプレイを採用することで、高い操作性、視認性を実現しております。
アンドロイドOSを搭載、スムーズかつフレンドリーな操作が可能です。
SIMスロット、Wi-Fi標準搭載、ネットワーク機能が充実し、常に最新バージョンが利用可能になります。
さらに作業データを専用マイクロソフトクラウドに保管・共有も可能です。

同梱物

① コントローラー×1
② 電動ステアリングハンドル×1
③ 慣性計測装置(IMU)×1
④ RTK-GNSSアンテナ×1

※ RTK基地局、Wi-Fiカメラは別売りになります。

仕様

【概要機能】
自動操舵対応
最低車速0.7km/h
ディスプレイサイズ10.1インチ
ISOBUS対応カスタマイズ対応
走行制御精度±2.5cm
ネットワーク方式Wi-Fi/4G LTE*
オンラインアップデート
RTK方式FJD固定局/ネットワーク(Ntirp)
後進作業
枕地自動旋回
【コントローラー】
寸法(mm)300×190×43
システムOSAndroid 5.1
防水防塵IP65(専用ケース要)
適応電圧9V-36V
インタ フェースカメラ/RS232/CAN/Type-C
【電動ハンドル】
寸法(mm)370×370×123
防水・防塵IP66
【GNSSアンテナ】
寸法(mm)152×63
防水・防塵IP67
【IMUユニット】
センサー1加速度
センサー2ジャイロ
センサー3デジタルコンパス

よくある質問

運転室がないトラクターにも搭載できるでしょうか?
システムは防水仕様です。アンテナをトラクターの両側に固定することができ、またアンテナ間の距離を正しく調整することができるなら、運転室がないトラクターにも搭載できます。
FJDスマート操縦システムの動作温度範囲を教えてください。
通常-20℃〜+ 70℃の範囲で正常に動作します。
角度センサーは必要ですか?
基本的に角度センサーを使用しなくても精度高く作業できます(最大精度±2.5㎝)。ただし、車両が古いもしくは車両状況が良くない場合は、角度センサーの使用をお勧めいたします。
複数台のトラクターや田植え機にFJD農業自動操舵システムを取付た際、各種データを共有することは出来ますか?
共有することが可能です。その際は、必ず同じメールアドレスにてアカウントを作成しご利用下さい。
自動走行時に対応できる最高時速と最低時速はどれくらいですか?
対応できる最低時速は0.7km/h、最高時速は12km/hです。
自動操縦時にハンドルを触ってしまうと自動操縦は解除されますか?
はい、一定時間保持すると安全のために解除されます。
自動操縦システムでは気温や気圧等の影響によって精度が落ちますか?
摂氏-20℃~+70℃の範囲であれば正常に動作します。
縦横傾斜がある圃場での作業精度はどの程度ですか?
地形補正機能は現在開発中です。機能が完成した後は10度以上の横傾斜にも対応可能となります。現状は縦傾斜の精度は10度以上であっても問題ございません。 一方、横傾斜が10度以上になる場合は精度が低下します。
気候を問わずシステムを使用することができますか?
使用可能です。モニターコントローラーにはシリコンカバーが付いており、IP65の防水・防塵性能を有します。また露出されるアンテナなどはIP67の防水・防塵性能を有します。
対応可能なネットワークRTKサービスの種類を教えて下さい。
ソフトバンク株式会社が提供するサービス『ichimill』を推奨しております。
保証期間はいつまでですか?
お買い上げ日から1年間となります。(一部、2年間に設定しているパーツもございます。)
作業履歴、圃場情報、ベースラインの保存は可能ですか?
『ichimill』などのネットワークRTKサービスをご利用いただく場合は可能です。一方「移動基地局」をご利用の場合、保存機能は使用できません。
モーターの寸法はどれくらいですか?
モーターの直径は18センチで、厚さは8センチです。
2つの衛星アンテナがあるのはなぜですか?
2つの衛星アンテナは異なる機能を持っています。1つは緯度と経度の情報を取得し、もう1つは進行方向の情報を取得しています。
トラクター用と田植機用の違いは何ですか?
基本機能は同じです。田植機用には、タッチパネル以外で操作可能なボタンが付いております。また、配線の長さも異なります。
どのRTK信号をサポートしていますか?
RTCM2.X, RTCM3.X信号を受信できます。
アフターサービスはどうなっていますか?
アフターサービスにつきましては、FJD製品専用お問い合わせ窓口よりお問い合わせください。
RTKサービスの取得方法を教えてください。
① FJDのRTK基地局を購入します。
② ネットワークRTKサービスを使用します。
上記いずれのサービスを使用しても、精度は同じく最大±2.5㎝となります。
GNSSのレシーバーはどのように取付されるのでしょうか?
GNSSは、一般的にはステーを介しての取付となります。取付位置は車体の前後、いずれも取付可能です。ただし必ず左右対称に取付る必要がございます。
FJDスマート操縦システムはどんな農業機械に搭載できますか?
FJDスマート操縦システムは各種の農機に搭載できます。現段階ではブランドを問わず、トラクターおよび田植機への搭載を中心に拡販しております。
0.7㎞以下の低速時にズレる場合があると聞いたのですが、どの程度ズレますか?畔塗作業時の事例があれば教えてください。
0.7㎞以下でもほぼズレは起きておりません。畔塗を壊したという例も特に報告されておりません。
『ISOBUS』との互換性はありますか?
各種機材に個別に対応する必要がございます。標準搭載はしておりません。