稚内・利尻・礼文・宗谷・道北・北海道・日本全国で、ドローン空撮・点検・測量・販売業者をお探しなら ― 「北方空撮」にお任せください!

BETAFPV Beta85X (GoPro 6積載システムver.) 【FRSKY】

■重要■ こちらの機体は映像の伝送に5.8Ghz帯の電波を使用しているため、飛行の際、「第四級アマチュア無線技士」以上の無線従事者免許が必要となります。あわせて、無線局の開局申請を行い「無線局免許状」を取得することも必要です。電波法をはじめとした各種関係法規をしっかりと把握され、遵守なさるようお願いいたします。

マイクロドローン愛好家の皆様、大変お待たせいたしました!!!BETAFPVの2020年注目新商品がついに入荷です!!!

販売開始を記念して当店限定の特別価格でご提供いたします!ぜひお買い求めください!

商品番号:16256
型番:be-00313747-1
通常販売価格:19,900円(税込:21,890円)
セール特価:18,192円(税込:20,012円)

【セット内容】 ※ GoProカメラおよびバッテリーは含まれておりません。

  • 株式会社AIRSTAGE様作成のオリジナル日本語説明書
  • 系統図
  • 完成済み機体(5.8GHz VTX取付済:GOPRO取付マウント・GH1.25配線済)
  • 予備プロペラ1セット
  • GOPRO6軽量化KIT(BECボード付)

仕様】

  • アイテム:GoPro Hero用Beta85X
  • 重量:67.77g(GoPro Heroまたはバッテリーなし)
  • F4 AIOブラシレスFC 12A V2(BLHeli_S)
  • フレーム:Beta85XフレームV2
  • モーター:1105 5000KVブラシレスモーター
  • プロペラ:2 ×4ブレードプロペラ
  • 受信機オプション:Frsky XM + / TBS Crossfire
  • カメラ:Betafpv EOS V2カメラ
  • 推奨バッテリー:450mAh 4s 75Cバッテリー(含まない)

リモートレコードのセットアップ方法

無線送信機のスイッチを使用して記録を開始/停止できます。さらに設定が必要です。 95X whoopドローンのようにF4 FC V2.0をドローンで使用する場合、接続図は次のようになります。 黄色のケーブル(FC B12ピンパッド)は、リモートレコード専用です。

BetaflightのPinio関数を使用してレコードを制御します。まず、FCボードのB12ピンのPinio機能を設定します。

resource FLASH_CS 1 NONE
resource PINIO 1 B12
set pinio_box = 40,255,255,255
save

次に、無線送信機のスイッチチャネルの1つをこのPinio(別名USER1)にマッピングします。 以下に示すように、無線送信機のAUX4チャンネルをUSER1 Pinioにマッピングします。 オレンジ色のゾーンのカーソルはボタンが離されたことを意味し、白いゾーンは押されたことを意味します。 したがって、デフォルトではカーソルをオレンジ色のゾーンに置いたままにします。

3番目に、Pinio機能が機能するかどうかを確認します。スイッチを変更して、カーソルをオレンジゾーンからホワイトゾーンに移動し、最後にオレンジゾーンに戻します。これで、LEDステータスをチェックして、レコードが開始するかどうかを確認できます。同じプロセスを使用して、記録を停止します。

85X whoopドローンのような12A F4 AIO FCボードを使用する場合、Pinio機能にはLED_STRIPピン(別名A08ピンパッド)を使用します。

resource LED_STRIP 1 NONE
resource PINIO 1 A08
set pinio_box = 40,255,255,255
save

ショッピング

まずはお気軽にお問い合わせください TEL 0162-73-0582 空撮業務等のためすぐにお電話に出られない場合もございます。 その際は大変恐縮ですが、代表の携帯へ転送されるまで少々お待ちいただくか、しばらく経ってからおかけ直しいただきますようお願い申し上げます。 FAX(0162-73-0583)およびお問い合わせフォームからのご連絡は24時間承っております。

PAGETOP

Copyright (c) 2020 北方空撮 All Rights Reserved.